子供靴を買う前に知っておこう|子供の成長に合わせて必要になる子供シューズでもしっかり選ぼう

お下がりを使うときは注意しよう

兄弟の居る家庭は、上の子が昔履いて居た靴を下の子にお下がりとして使わせている所もあります。新品に近い状態の靴なら問題はありませんが、何度も履き多少古くなった靴のお下がりは避けた方が良いと言われています。その理由は、子供の足の形や歩き方に影響を与えてしまう可能性があるからです。靴底にあるクッション材は、履いている子供の歩き方や足の形によって変形していきます。そのため、お下がりの靴を使ってしまうと、以前に履いていた子供の歩き方がうつってしまうと言われているのです。しっかりと正しい歩き方と足の成長をサポートしたいという場合は、なるべく新しい靴を買ってあげるようにしましょう。

子供靴を買う前に知っておこう

家族

サイズの測り方

子供の靴を購入するときに困ってしまうのが、サイズの測り方です。正しく測ったつもりでも、しばらくするとキツイと言って履かなくなってしまうこともあります。そのため、靴を購入する時は、靴下を履いた状態で足のサイズを測りましょう。靴下を履いているかどうかで狭さが変わってしまいます。そして、靴のサイズを測るときは中敷きの上に足を置いて測るようにしましょう。中敷きのつま先部分に余裕があるか無いかで判断することで、実際に履いたとき、どのぐらいのサイズ感なのかを知ることができます。

靴底の柔らかさ

子供シューズを購入するときは、足が曲がる位置でしっかりと曲げることができるかどうか確認するようにしましょう。裸足で歩く際、足の指の付け根部分が曲がるため、その位置で靴を曲げることができれば最適と言われています。靴底が硬いと曲げにくくなるため、実際に子供に履かせて少し歩かせながら確認してみるといいでしょう。

両足で履いたときのサイズ感

子供シューズを購入するとき、多くの親が片足だけ試し履きをさせていますが実はこの方法は正しい方法ではありません。足のサイズは左右非対称になっていることもあるため、両足共履かせてからサイズの確認をしましょう。どちらか片方の足が大きい場合は、大きい方の足に靴のサイズを合わせて、小さい方の足は中敷きを入れ替えるか、靴紐を調整するなどして足に負担をかけないようにしましょう。

かかとがしっかりしている靴かどうか

子供の足は、まだかかと部分が未発達のため足の指でかかとのサポートしています。そのため、靴を選ぶときはかかとのサポートをしてくれる靴を選ぶようにしましょう。かかと部分にクッション性があり、しっかりとかかと部分が安定しているタイプの靴なら指だけに負担を与えることなく履き続けることができます。

子供シューズの手入れ方法

まずは表面の汚れを落とす

砂場や原っぱ、どろんこ道などいろんな場所で遊ぶ子供の靴は直ぐに汚れてしまいます。そのため、洗うときはしっかりと表面部分の汚れを落とすようにしましょう。マジックテープ式の靴の場合は、ブラシなどを使ってみてください。

洗剤をとかした水に浸す

表面の汚れが落ちたら、次はバケツに水を溜め中性洗剤や靴用の洗剤を混ぜて浸します。このとき、かかと部分を下向きにし15分程を目安に浸すようにしましょう。熱湯を使うと、靴が変色してしまう場合があるため注意してください。

ブラシでこする

洗剤を溶かした水に浸しても、落ちない汚れはブラッシングで丁寧にこすって落としてください。このとき、力を入れすぎないように注意しましょう。つま先部分にたまっているホコリや汚れは匂いの原因になるため、綺麗に取り除きます。

しっかりとすすぎ日陰に干す

ブラッシングで汚れを落とすことができたら、しっかりと綺麗な水ですすぎ洗剤と汚れを綺麗に落とします。靴の中に潜在が残っていると匂いなどの原因になるため、気をつけましょう。干すときは、かかと部分を下にし、風通しの良い日陰に干します。

広告募集中